ややマイナーな携帯端末Blackberry(ブラックベリー)の最新情報や端末紹介をしています。

BlackBerryが新しい形のスマホを発売!?BlackBerry Veniceの特徴

BlackBerryVenice_2

液晶スクリーンにPCさながらの物理キーボードを搭載したデザインで一時スマートフォンシェアの半分を占めていたBlackBerry。

同社がこの秋新しい形のスマホを発売するというニュースに注目が集まっています。

今回は、BlackBerryが新発売する新しい形のスマホ概要をご紹介していきます。

その名も「BlackBerry Venice」

この秋新発売されるBlackBerryの情報をいち早く投じたのはIT通信機器情報のツイートとしても有名なEvan Blas氏。

氏は2015年8月19日のツイートにて、「BlackBerry Venice」の写真も公開している。

写真を見る限りではタッチパネルを搭載した一般的なスマートフォンに見える。

※「Venice」の読みはヴィーナイスではなくヴェネツィア

物理キーボードをも搭載!?

今回BlackBerryが新発売する「BlacBerry Venice」で注目コンテンツの1つとなっているのが従来のBlackBerry同様の、物理キーボードの搭載です。

縦型スライド式で格納してあり、ユーザーはタッチパネルで通常使用と物理キーボードの使用を選べる形になります。

Evan Blas氏は別ツイートにて物理キーボードがスライドしているGIF画像も公開しています。

ついにAndroid搭載

この端末で最も注目されているのは物理キーボードを搭載したタッチパネルではなく、BlackBerry初となるAndroid OSの端末となります。

かねてより噂のあったAndroid OS搭載が実現した形になります。

このニュースにより多くの人が「BlackBerryが負けを認めた」と声があがっています。

BlackBerry OS10も残しつつ

BlackBerryのCEOジョン・チェン氏は、「セキュリティー面で信頼性のあるOS10には今後とも力を入れる」とコメントしており。

Android OSに加えてBlackBerry OS10の一部を導入するという見通しも立っています。

Passportの二の舞にならないか?

BlackBerryは2014年い発売した「BlackBerry Passport」において正方形デザインに物理キーボードを搭載という新しい試みをしましたが、結果としては失敗に終わっています。

BlackBerryユーザーの間では「Passportの二の舞にならないか?」という声も上あがっており、今後もBlckBerryの動向に注目が集まります。

 

今秋発売される予定の「BlackBerry Venice」。

Androido初の搭載&初の試みでBlackBerry起死回生となるのか、今後とも気になるところです。