ややマイナーな携帯端末Blackberry(ブラックベリー)の最新情報や端末紹介をしています。

BlackBerryユーザー悲報!ドコモ、BlackBerryのブラウジング終了へ

blackberrydocomo_1

2015年08月28日、国内大手の携帯キャリア会社であるドコモはBlackberryの各種サービスを終了するというニュースがありました。

このニュースを見て驚かれたBlackberryユーザーも多かったのではないでしょうか。

そこで今回は改めてこのニュースの概要を振り返ってみましょう。

主要サービス3つを終了

ドコモが現在提供しているBlackberry向けのサービスは「BlackBerry Internet Service」、「BlackBerry Enterprise Service」、「BlackBerry Dual Service」の3つであり、各サービスの新規受付は2015年11月30日終了。

サービスの提供は2017年3月31日に終了するとされています。

 

さらにBlackberry向けのインターネット接続サービスである「docomo Wi-Fi ブラックベリー」と「ブラックベリーWebフィルタ」も上記の同様に終了する予定です。

これによりBlackBerryユーザーはドコモ回線でのインターネット利用が出来なくなり、SIMフリーでの接続を余儀なくされることとなります。

しかしSIMフリーのニーズが高まっている今、2017年頃には現在よりもSIMフリー利用者が増加すると見込まれ。

ドコモ回線が利用できなくとも特に困ることはないという声が多いようです。

 

日本から撤退か

BlackBerry社のCEOは「主要都市での販売はしていくが、日本は当社の主要都市ではない」とコメントを残しており、事実上日本からの撤退宣言とも取ることができます。

今後日本国内のBlackBerryのユーザーは海外から端末買い付けをして、SIMフリー携帯として利用する必要があるでしょう。

 

今後の日本国内での再参入はあるのか

日本国内においてBlackberryが再参入するという見通しはないようです。

世界的に見ても経営不振が騒がれているBlackberry社、まず当面の課題はかつて多くのシェアを誇っていた欧米市場において今後発売予定である、Adroid搭載端末で再びシェアを獲得することが優先でしょう。

 

日本国内ではサービス提供が終了してしまいますが、それでも今後もBlackberry独特な端末の発表に注目が集まります。

Blackberry初となるAndroid搭載端末の成功次第では、今後日本国内においてドコモ意外のキャリアでの参入が見込めるかもしれません。